ブラックリストに載るとお金が借りれなくなる? ブラックリストでもカードつくれる?

ブラックリストに載るとお金が借りれなくなる?

「ブラックリストに載るとお金が借りれなくなる」という噂があります。

みなさんもご存知かと思いますが、実際にブラックリストという名簿があるわけではありません。それではブラックリストに載るということはどういうことか、消費者金融を例に、もういちどおさらいしましょう。


融資の申し込みがあった場合、消費者金融業者は、個人信用情報機関に照会して、調査をします。

その際に、支払いが滞る「延滞」「事故」(業界用語)が発生していた場合、「異動情報」と呼ばれる特別な情報が記載され、以降、数年間融資が受けられないペナルティが発生します。これがブラックリストの正体です。


本来の支払い予定日から「3ヶ月間支払いが遅れた時点」で延滞扱いとなり、異動情報が個人信用情報期間に登録されます。

延滞後に支払いをしてて完済することを「延滞解消」と言います。「延滞解消」しても延滞後に完済したという事実は1年間記録として残ります。

そして、この事実は5年間参考情報として個人信用情報機関に残るため、延滞解消になっても参考情報が消えない限り延滞と同様に審査は通りません。


ブラックリストに載る(延滞情報が信用機関に掲載)と、どのような事情があっても審査はNGという消費者金融がほとんどです。消費者金融業者は「全情連」と呼ばれる個人信用情報機関に加盟していますが、銀行やクレジットカード会社は別の信用機関を利用しています。

消費者金融が、これらの信用機関の情報を照会することはまずありませんので、銀行やクレジットカードで延滞が起きても消費者金融から借りる場合は関係ありません。しかし逆に消費者金融でブラックに載ってしまうと、クレジットカードや銀行は100%審査が通りません。
この記事へのコメント
ちょっと、
Posted by たつ at 2013年02月03日 03:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

人間不信
Excerpt: 新年明けて早々に嫌な書留が届いた・・・ 「世の中にこんな人いるんだ」 まさに 青...
Weblog: ブラックリストのローン・キャッシュカード作成や生活日記
Tracked: 2010-01-26 23:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。