クレジットカード審査基準は? ブラックリストでもカードつくれる?

クレジットカード審査基準は?

クレジットカードを申請する場合には、まず、連絡先に電話がかかることがほとんどです。この場合、職業の内容などを口頭で質問されることがあります。

そうして、審査基準に通った場合、その後、事故や延滞がなければ、違うクレジットカードの発行にはそう手間取りません。


無職で収入の当てがない人や、自営業で利益がない人、また、水商売の人達は、一見クレジットカードの審査が通らないように思えますが、カード会社によっては、カードの発行が可能な場合があります。

もちろん、クレジットカードの審査基準に達しないため、カード発行が出来ない人もあります。


個人信用情報機関では、他の会社から借り入れた金額や、その返済状況が細かく調べられます。最後に、コンピューターによって自動的に計算され、評点が付けられます。

こうして、スコアリングで、クレジットカードの審査基準に照らし、合格した場合は速やかにカード発行となるのです。


クレジットカードを申請した人の中には、審査基準が通らない人もいます。

もともとカード会社は、属性である年収、居住年数、勤続年数の3つに最低スコアを設定しています。そこで、審査基準が通らない人は、この3つのうちの一つでも、最低スコアに達しない場合が多いと言えます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。