消費者金融でブラックと呼ぶ場合は ブラックリストでもカードつくれる?

消費者金融でブラックと呼ぶ場合は

消費者金融でブラックと呼ぶ場合は、ブラックリストに掲載されるということを指しています。

ブラックリストというと、全ての金融業者に情報がまわって、どこに行ってももうお金を借りることができないという印象がありますが、本当のところはどうなのでしょうか?


消費者金融においては、融資の申し込みがあった場合、申込者の他社借り入れ状況を、個人信用情報機関に紹介して、調査を行います。

この際に一定期間に他社の融資において支払いが滞った場合、「異動情報」と呼ばれる特別な情報が記録され、以降数年間、融資が受けられないペナルティが発生します。専門用語では「延滞」「事故」などと呼ばれ、通称ブラックとも呼ばれます。


どのくらい支払いが遅れると延滞扱いになるでしょうか? 

本来の支払い予定日から「3ヶ月間支払いが遅れた時点」で延滞扱いとなり、異動情報が個人信用情報機関に登録されます。延滞後に支払いをしてて完済することを 「延滞解消」 と言います。延滞解消後も延滞後に完済したという事実が1年間記録として残ります。

そして、延滞情報は登録されてから「最低5年間は参考情報として残り」ますので、延滞解消になっていても参考情報が消えない限り延滞と同じ扱いを受け審査は通りません。


個人信用情報機関に延滞情報が登録されている申込み者は、どのような事情があっても、融資の審査はほぼ通りません。

消費者金融業者は「全情連」と呼ばれる個人信用情報機関に加盟して情報を共有しています。銀行や信販会社もそれぞれ信用機関に加盟しており、信用機関同士で延滞情報の共有をしていますが、消費者金融の業者は銀行や信販会社の延滞情報は、調べません。

逆に消費者金融による延滞情報が載った場合は、信販会社や銀行はほぼ融資が通らないのです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。